翻訳を仕事にするには?

Trans Tecnique

翻訳と資格の関係

翻訳業の資格にはどのようなものがあるのでしょうか。
そもそも翻訳の仕事を行うにあたって絶対必須となる資格はありません。
資格よりも実力や経験が重視される傾向にあります。
とはいえ能力を測る参考とされるものがあります。
TOEICなら900以上、英検なら準一級以上といった具合です(言い換えるならばそれぐらいの能力がないと務まらない)。
一点注意しなければならないのは通訳とは非なるものということです。
最高レベルの英語力ということで共通性がないわけではありませんが双方別々の勉強法で各々の業を目指します。
資格は重視されないと記述しましたが、勤める会社によっては何らかの資格が入社の条件になっている場合もあります(入社条件は公表されない場合もあります)。
またいくつかの資格は団体資格の民間資格であるため勤める会社が団体と繋がりがあったりすると入社に有利になる場合があります。
具体的に資格を挙げるならば、JTAの主催する各資格認定試験、各能力検定試験、JTF主催のほんやく検定、NIPTA主催の知的財産翻訳検定などです。
知的財産翻訳検定は特許明細書などの知的財産に関わるものですからその関係の会社・機関にとっては能力を測りやすい参照事項と言えます。

翻訳家に有利な資格について

近ごろでは、グローバル社会がますます広がってきています。
さらなる国際化が進んでいく中で、語学力は非常に重要な能力といえます。
英語はもちろん、フランス語やイタリア語、中国語や韓国語など、さまざまな言語を習得し、仕事に役立てている人も多く見られます。
語学力を最大限に活かせる仕事としては、通訳や翻訳家などがあります。
翻訳の仕事は、外国人が書いた原稿を正しく理解した上で、母国の言葉に訳していきます。
ほんの少しの言葉尻やニュアンスによっても読む人の感じ方は大きく異なる場合があります。
そのため、いかにして著者の意図や雰囲気を読み手側に伝えることができるかが、翻訳家の腕の見せ所といえるのです。
このようなやりがいの大きな職種に就きたいと希望している人は、年々増えています。
翻訳家になるためには、専門的な資格を取得しておくと非常に有利です。
英検1級やTOEIC900点以上など、英語力を証明する資格を持っておくと、後々の就職活動の際にも実力の目安として高い効果を発揮するのです。
このように、憧れの職業を手に入れるには、自分自身の能力を高めるためにさらなるスキルアップを求めて努力を重ねていくことが何よりも大切なのです。

Favorite

タイルカーペットで有名なカーペット社製品を、どこよりもお安く販売しております。

タイルカーペット

熊本|全都道府県の全身脱毛・脱毛人気サロンの口コミ料金比較!

熊本の脱毛なら

京都で和の結婚式・披露宴を行うなら、神社・料亭ウエディングをお得なプランでプロデュースする京泉華

京都 神社結婚式

無料書体確認&安心の10年保証ではんこの作成ならお任せください

法人用印鑑の通販

フコイダン高含有なうえに、フコキサンチン・レスベラトロール・アスタキサンチン配合

フコイダン

ステカ、クラフトロボ、シルエットカメオ用の国内最大級カッティングシート専門店。ラメ、反射、蛍光など16タイプ計225色を取り扱い。

カッティングシート

Last update:2016/6/30

COPY RIGHT (C) 2015 Trans Tecnique. ALL RIGHT RESERVED